>> C言語関数一覧トップに戻る

C言語 scanf 使い方

今回はC言語のscanfの使い方について説明します。

scanf関数は書式指定をして標準入力をバッファに格納します。

■書式
scanf( 書式指定文字列, 格納可変個引数 );

書式には主に以下のルールがあります。
書式指定文字 意味 使われる型
%c 1文字受け取る 文字型
%d 10進数で受け取る int型などの整数型
%f 浮動小数点で受け取る float等の浮動小数点型
%s 文字列で受け取る 文字列
%x 16進数で受け取る int型などの整数型
%o 8進数で受け取る int型などの整数型
第2引数以降に指定する引数は、その変換指定文字を書いた順番に変数のポインタを並べて指定します。
printfと違って、変数の「ポインタ」を指定することに注意してください。
■サンプルコード
#include <stdio.h>

int main(void)
{
	char ch[500];

	puts("文字列を入力してください");

	scanf("%s",ch);

	printf("入力した文字→%s\n",ch);

	
	return 0;
}
■実行結果
文字列を入力してください
aiueo
入力した文字→aiueo


上記のコードを実行して文字列を入力すると、その文字列を表示します。
今回は文字列として受け取ったので書式は「%s」となっていますが、
数字として受け取るときは「%d」や「%f」などを指定して使い分けてください。

また、scanf関数は変数の容量を考えずにバッファに格納してしまいます。
ch変数は500バイト分しか定義してませんが、scanfで文字入力を受け付ける際には、
特に制限なしで文字を入力できてしまいます。
もし500バイト以上入力してしまうと、オーバーフローが発生して深刻なエラーが発生します。
対策として%の後ろに最大フィールド長と呼ばれる数字をつけて「%10s」と指定すると、
10文字だけ読み込むという指定ができます。

また、scanfはスペースや空白、改行文字などが入力文字の中に含まれていると、
その位置で入力を終了してしまいます。
その場合はgetsやfgetsを使いましょう。

また、scanfはエンターで確定した際の改行文字や、最大フィールド長以上の文字列を入力していた場合など、
その格納されなかった文字がバッファに残ってしまっています。
その後にまたscanfを実行するとそのバッファを読み込んでしまって動作がおかしくなるので、
二回連続でscanfを実行するときは、

fflush(stdin)

というバッファをクリアする関数を使ってバッファをクリアしてから、2回目を実行するようにしましょう。
>> 【C言語 fscanf 使い方】に進む
>> C言語関数一覧トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)