>> C++入門トップに戻る

C++の文字列出力について

今回はC++の文字列出力について説明します。
C言語ではprintf関数やputs関数を使って、文字列を出力していましたが、
C++にも専用の関数があります。
次のコードを見てください。

#include <string>
#include <iostream>

int main(void)
{
	char test[30];

	std::cin >> test;

	printf("%s\n",test);

	std::cout << test << std::endl;
	
	return 0;
}

これを実行すると、文字の入力を求められるので、入力するとその文字を二回表示します。

このコードの中の、

std::cinが入力関数で、std::coutが出力関数です。
また、>>が入力演算子、<<が出力演算子と言います。

この関数を使う為には、iostreamをインクルードする必要があります(.hは不要)
ではこのcinの前についてる、std::は何でしょうか?
stdとは名前空間のことで、
グループをまとめるための空間のようなものです。
C++では、グローバル変数やグローバル関数は同じ名前で定義することが出来ません。
ですが、この名前空間で囲んでやると、その中は限定された領域になるので、
他の場所でも同じ名前の変数や関数を定義できるようになります。

で、今回はこのcinという関数がstdという名前空間に属していました。
名前空間に属している関数は、コロンを二つ::書いてその後に関数名を書くだけでアクセスできます。
そのcinと関数と一緒に、入力演算子>>を書いて、右側に代入する変数を書いてあげます。
これでtest変数にユーザが入力した値を代入させることができます。

次にcoutですが、これも同じstd名前空間に属しているので、前にstd::が付いています。
で、今度は出力するので、出力演算子<<を使います。
これを使って右側に文字を出力させたい変数を書くと、printfのように文字を出力することができます。
最後にstd::endlと書いてありますが、これは改行を表すものです。
これを書くだけで改行を代入することができます。もちろん出力演算子も必要です。

これがC++の文字列出力の方法です。
気になったかたもいるかと思いますが、std::って毎回書くの面倒ですよね?
これを解消する方法があります。
グローバル領域に、

using namespace std;

と書くだけで、std::cinと書いていた関数を、cinと書くだけで大丈夫になります。
同じくcoutもendlも一緒で書く必要はありません。
もし他の関数で、名前空間名を書くのが面倒であれば、
using namespace 名前空間名;
と書けば省略できるので、是非覚えておきましょう。

今回はここまで。
次回はstring型の説明をします。


>> 【string型】に進む
>> C++入門トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)