>> ブロック崩しプログラミング入門トップに戻る

ブロック破壊音とボール衝突音を鳴らそう

今回はブロック破壊音とボール衝突音を鳴らしてみます。

ブロックやボールの衝突音が、もし鳴ることになった場合は、1ループに付き一回鳴らせばいいですよね?
たまに同時にブロックを破壊したり、壁の角にぶつかったりして、2回あたったことになることもありますが、
その時に2回とも鳴らしてたら、その分無駄な処理をしていることになります。

それを解決するために、当たったらまずフラグだけを立てておきます。
最後にそのフラグをチェックし、立っていたらその音声を鳴らす、という仕組みにするようにします。
こうすれば、当たるたびに音を鳴らすのではなく、1ループに付き一回だけ鳴らすようにできますからね。
まず、ボールクラスのMove関数では以下のように、
壁に当たったときに、sounfflagを立てるようにしています。

void BALL::Move(){

	//まず音はOFFにしとく
	soundflag=false;

	//移動量を加算
	x+=dx;
	y+=dy;


	//画面はみ出し処理
	if(x<width/2){
		x=width/2;
		dx*=-1;
		//当たったのでサウンドフラグを立てる
		soundflag=true;
	}
	if(x>WIDTH-width/2){
		x=WIDTH-width/2;
		dx*=-1;
		//当たったのでサウンドフラグを立てる
		soundflag=true;
	}

	if(y<height/2){
		y=height/2;
		dy*=-1;
		//当たったのでサウンドフラグを立てる
		soundflag=true;
	}

	//下にはみ出たらゲームオーバー
	if(y>HEIGHT){
		endflag=true;
	}

}


毎回フラグをオフにしてから処理を始めます。
画面はみ出し処理のところで、条件式にひっかかると、
フラグを立てるようにしています。
このフラグを後からチェックして立っていれば音を鳴らすようにすればいいですよね。
フラグを取得できるように、GetSoundFlag関数も以下のように定義しています。

bool BALL::GetSoundflag()
{
	return soundflag;
}


これらのフラグを読み込んで、音を鳴らしているのはCONTROLクラスで行っています。
CONTROLクラスのコンストラクタでは、まず音声ファイルをメモリに読み込んでいます。

CONTROL::CONTROL()
{
	//バーとボールのインスタンスを生成
	bar = new BAR;
	ball = new BALL;

	boundflag=false;
	demolishflag=false;

	//バーの幅と高さ
	bdwidth=bar->GetWidth();
	bdheight=bar->GetHeight();

	//ボールの幅と高さ
	blwidth=ball->GetWidth();
	blheight=ball->GetHeight();

	//音声ファイル読み込み。
	bh = LoadSoundMem("bound.wav");
	dh = LoadSoundMem("demolish.wav");

	//ブロックの間を50ピクセルあけて、横4列、縦3行で配置
	//左端が45ピクセルの位置になる。それに画像の横幅の半分を足す
	for(int i=0;i<12;++i){
		if(i<4)
			block[i]= new BLOCK("block.bmp",95+(50+100)*i,50*1);
		else if(i>3 && i<8)
			block[i]= new BLOCK("block.bmp",95+(50+100)*(i-4),50*2);
		else
			block[i]= new BLOCK("block.bmp",95+(50+100)*(i-8),50*3);
	}

	bkwidth=block[0]->GetWidth();
	bkheight=block[0]->GetHeight();
}

bound.wavとdemolish.wavファイルを読み込んで、サウンドハンドルを取得しています。

次にブロックの破壊音についてですが、こちらのフラグはCONTROLクラスで管理しています。
HitCheckBallAndBlock関数を見てください。

void CONTROL::HitCheckBallAndBlock()
{

	//破壊音フラグ
	demolishflag=false;

	//ボールの座標取得
	blx=ball->GetX();
	bly=ball->GetY();

	//ブロック全てをループ
	for(int i=0;i<12;++i){
		//壊れてない奴だけ対象
		if(!block[i]->GetFlag()){
			bkx=block[i]->GetX();
			bky=block[i]->GetY();

			//ブロックの上との当たり判定
			if(blx<bkx+bkwidth/2 && blx>bkx-bkwidth/2 &&
				bly+blheight/2>bky-bkheight/2 && bly+blheight/2<bky+bkheight/2){
					//フラグをオフに
					block[i]->SetFlag(true);
					//破壊音フラグを立てる
					demolishflag=true;
					//ボールはただ跳ね返すだけ
					ball->SetDY(ball->GetDY()*-1);

			//ブロックの下との当たり判定
			}else if(blx<bkx+bkwidth/2 && blx>bkx-bkwidth/2 &&
				bly-blheight/2>bky-bkheight/2 && bly-blheight/2<bky+bkheight/2){
				
					//フラグをオフに
					block[i]->SetFlag(true);
					//破壊音フラグを立てる
					demolishflag=true;
					//ボールはただ跳ね返すだけ
					ball->SetDY(ball->GetDY()*-1);

			//ブロックの左との当たり判定
			}else if(blx+blwidth/2<bkx-bkwidth/2+blwidth && blx+blwidth/2>bkx-bkwidth/2 &&
				bly>bky-bkheight/2 && bly<bky+bkheight/2){
				
				//フラグをオフに
					block[i]->SetFlag(true);
					//破壊音フラグを立てる
					demolishflag=true;
					//ボールはただ跳ね返すだけ
					ball->SetDX(ball->GetDX()*-1);

			//ブロックの右との当たり判定
			}else if(blx-blwidth/2<bkx+bkwidth/2 && blx-blwidth/2>bkx+bkwidth/2-blwidth &&
				bly>bky-bkheight/2 && bly<bky+bkheight/2){
				
				//フラグをオフに
					block[i]->SetFlag(true);
					//破壊音フラグを立てる
					demolishflag=true;
					//ボールはただ跳ね返すだけ
					ball->SetDX(ball->GetDX()*-1);

			}
		}
	}
}


まずdemolishflagをfalseにして初期化します。
その後、各ブロックとの当たり判定で当たった場合はフラグをtrueにして立てています。

ここまでで、ボールの衝突音とブロックの破壊音のフラグがセットできました。
後は鳴らすだけです。
これは、CONTROLクラスのSoundPlay関数で行っています。

void CONTROL::SoundPlay()
{
	if(boundflag){

		PlaySoundMem(bh,DX_PLAYTYPE_BACK);
	}

	if(demolishflag){
		PlaySoundMem(dh,DX_PLAYTYPE_BACK);
	}

}

それぞれフラグが立っていれば、音声をバックグラウンド再生で流すようにしています。
この関数や、各クラスのAll関数は、CONTROLクラスのAll関数で以下のように呼び出しています。

bool CONTROL::All()
{
	bool back;

	for(int i=0;i<12;++i){
		block[i]->All();
	}


	//バーの処理
	bar->All();

	//ボールの動き
	back=ball->All();

	//ボールとバーの当たり判定
	HitCheckBallAndBar();

	//ボールとブロックの当たり判定
	HitCheckBallAndBlock();

	///音再生
	SoundPlay();

	return back;
}

各クラスのAll関数と、当たり判定、音声再生関数を実行しています。
ゲームオーバーを判定するために、ボールクラスの戻り値を受け取って、
それを戻り値として返しています。
ボールが下に落ちたときはfalseを返すようにしているので、その時にプログラムを終了するためです。

以上が音声再生の仕組みになります。
次回はWinMain関数をまとめて完成させます。

>> 【WinMain関数をまとめて完成させよう】に進む
>> ブロック崩しプログラミング入門トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)