>> ブロック崩しプログラミング入門トップに戻る

ブロックの表示

今回はブロックの表示について説明します。

block.hとblock.cppを見てください。
BLOCKクラスは以下のように定義されています。

#include "pch.h"


class BLOCK{
private:
	//座標
	int x,y;

	//縦、横幅
	int width,height;

	//ブロックが壊れてるか壊れてないかのフラグ。
	bool endflag;

	//グラフィックハンドル。
	//全部同じ画像なので静的変数にして共有。
	static	int gh;

	
	//フェード描画用カウント
	int count;

private:
	void Draw();
public:
	int GetX();
	int GetY();
	int GetWidth();
	int GetHeight();
	void SetFlag(bool);
	bool GetFlag();
	BLOCK(char *,int,int);
	void All();

};


これらの変数を全て使います。

まずコンストラクタで画像の読み込みを行っています。

int BLOCK::gh=-1;

BLOCK::BLOCK(char *filename,int x,int y)
{
	//最初しか読み込まない。
	if(gh==-1)
		gh = LoadGraph("block.bmp");

	GetGraphSize(gh,&width,&height);

	endflag=false;

	this->x=x;
	this->y=y;

	count=0;

}


説明する前に、今回のブロック崩しは同じ画像のブロックをいくつも並べるようにして、
配置するようにします。
そのため、読み込む画像は一つだけでよくなります。
つまり一度読み込んでしまえば、もう読み込む必要はないですよね?
そのため、最初の読み込みの部分では一度読み込んだら、もう読み込まないように工夫をしています。

BLOCKクラスのグラフィックハンドル用の変数ghにはstatic指定子が付いています。
つまり、BLOCKクラスをいくつ作っても、この変数はいくつも生成されずに一つだけになり、
生成されるインスタンスで共有されることになります。
初期値で-1を代入していますが、最初のif文ではghが-1のときしか読み込まないようにしています。
つまり最初は必ず読み込まれますが、次のインスタンスが生成されたときには、
既に変数ghにはグラフィックハンドルが入っているので、再度読み込まれることはありません。
これで、同じ画像を何回も読み込むというリソースの無駄遣いを無くすことが出来ます。

次のブロックの座標ですが、コンストラクタの引数をそのまま座標に設定するようにしています。
このBLOCKクラスを生成するのは、親のCONTROLクラスです。
そのCONTROLクラス内でBLOCKクラスを生成するときに座標を指定して、生成します。

endflagはそのインスタンスのブロックが壊れているか壊れていないかを示すためのものです。
最初は壊れてないのでfalseを指定してます。

その下のcount変数ですが、壊れたブロックを消すときにただ消すだけじゃつまらないので、
徐々に透明にしながら、消していくようにします。
その時に、〇カウント経ったら消す!、という時に使うカウント用の変数です。

次にDraw関数を見てみましょう。

void BLOCK::Draw()
{
	//ブロックが壊れてないときだけ描画
	if(!endflag){
		DrawGraph(x-width/2,y-height/2,gh,FALSE);
	}else{
		if(count<40){
			//透過度を指定
			SetDrawBlendMode(DX_BLENDMODE_ALPHA,(255/40)*(40-count));
			//描画
			DrawGraph(x-width/2,y-height/2,gh,FALSE);
			//設定を戻す
			SetDrawBlendMode(DX_BLENDMODE_NOBLEND,0);
			++count;
		}
	}

}


まず、最初のif文で、endflagをチェックしています。
falseの時はブロックが壊れていないので、そのまま描画しています。

次にendflagがtrueだったときの処理です。
今回ブロックがフェードして、画像が消えいくのにかかる時間は、40カウントとします。
40カウントということは、1ループが約16ミリ秒ですから、640ミリ秒ぐらい。つまり0.64秒ぐらいです。
まず、40カウント立っていれば、もう描画する必要はないので、その場合は何もしません。
カウントが40カウント以内の時に透明度を指定して描画するようにします。

まず、SetDrawBlendMode関数で、DX_BLENDMODE_ALPHAを指定してます。
これで透明度を指定して描画できるようになるのは覚えてますよね?
次にその第二引数に透明度を指定します。
0が完全透明で255が不透明です。

255÷40で1ループ分のアルファ値の値が求められます。
これに(40-count)の値をかけてやることで、大きな値から徐々に減少していくアルファ値が求められます。

あとはDrawGraphで普通に描画するだけです。
これで段々とフェードしながら消えていく描画ができます。
最後にDX_BLENDMODE_NOBLENDにして設定を戻すのを忘れないで下さい。

今回の説明はここまで。
次回はCONTROLクラスでの各クラスの生成について説明します。

>> 【CONTROLクラスでの各クラスの生成】に進む
>> ブロック崩しプログラミング入門トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)