>> ブロック崩しプログラミング入門トップに戻る

ボールとバーの当たり判定

今回はボールとバーの当たり判定について説明します。

ボールとバーの当たり判定はCONTROLクラスのHitCheckBallAndBar関数で行っています。
下記のコードを見てください。

void CONTROL::HitCheckBallAndBar()
{

	//最初はフラグをfalseにしとく。
	boundflag=false;

	//ボールクラス内での音フラグをセット
	boundflag=ball->GetSoundflag();


	//バーの座標取得
	bdx=bar->GetX();
	bdy=bar->GetY();

	//ボールの座標取得
	blx=ball->GetX();
	bly=ball->GetY();


	//ボールとバーの高さの半分を足したものよりも
	//バーの中心とボールの中心の距離の絶対値の方が小さかったら当たり
	//その距離より大きいやつは除外
	if(abs(bdy-bly)<blheight/2+bdheight/2){
		//且つ、ボールがバー内にあれば当たり
		if(bdx+bdwidth/2>blx &&
			bdx-bdwidth/2<blx){
				//バーの左端に当たっていれば、逆方向に飛ばす。
				if(blx<bdx-bdwidth/2*2/3){
					//ボールを反転
					ball->SetDX(-1*ball->GetDX());
					//Yは跳ね返すだけ
					ball->SetDY(ball->GetDY()*-1);
					//バウンド音フラグを立てる。
					boundflag=true;

					//右端
				}else if(blx>bdx+bdwidth/2*2/3){
					//ボールを反転
					ball->SetDX(-1*ball->GetDX());
					//Yは跳ね返すだけ
					ball->SetDY(ball->GetDY()*-1);
					//バウンド音フラグを立てる。
					boundflag=true;

					//それ以外はただ反射
				}else{
					//xは何もなし
					//Yは跳ね返すだけ
					ball->SetDY(ball->GetDY()*-1);
					//バウンド音フラグを立てる。
					boundflag=true;
				}
		}
	}

}


最初の音声フラグについては、別途説明します。

まず、バーとボールの座標をGetXとGetY関数で取得しています。
これはあらかじめ、ボールクラスとバークラスで以下のように定義してました。

int BALL::GetX()
{
	return x;
}

int BALL::GetY()
{
	return y;
}

ただX、Y座標を返すだけですね。
この関数で取得した座標を、bdx,bdy,blx,blyに代入してます。
bdx,bdyがバーの座標、blx,blyがボール座標用の変数です。

次に当たり判定部分のコードですが、
ボールがバーに当たったときは、以下のような状態になります。

丁度この画像ぐらいまでめり込んだときに当たりとします。
この画像を見ると、ボールの中心とバーの真ん中のラインとの距離が、
ボールとバーの高さの半分を足したものと同じか、それより短くなってますよね。
つまりこの時が当たりです。
この条件に当てはまらないものは、以降の厳密な当たり判定の計算をするだけ無駄なになるので、
まず最初のif文で除外するようにしているわけです。

さて、さらに次のif文の条件式を見て見ましょう。

if(bdx+bdwidth/2>blx && bdx-bdwidth/2<blx){
}

というif文になっています。
ボールの座標がバーの幅の間に収まっているかを調べています。
この条件に当てはまれば確実にボールとバーが当たっていることになります。
バーの座標からその画像幅を引いた位置から、バーの座標にその画像幅の半分を足して位置までの間に、
ボールの座標があれば当たりということです。
それをコードで表現してます。

次のif文の説明に行きましょう。
バーに当たったらただ跳ね返すだけでもいいんですが、
あんまりおもしろくないので、バーの左端か、右端に当たったら逆の方向へ跳ね返すようにします。

ボールが左端に当たったかの判定ですが、

if(blx<bdx-bdwidth/2*2/3){
}

というif文を書いています。
バーの座標からバーの幅の半分の大きさの3分の2の値を引いています。
つまり左端から、3分の1だけ右に移動した位置になります。
それよりボールの座標が小さければ左端にあったということです。

左端に当たった場合は以下の処理をするようにしています。


//ボールを反転
ball->SetDX(-1*ball->GetDX());
//Yは跳ね返すだけ
ball->SetDY(ball->GetDY()*-1);


SetDXとSetDYとGetDXという関数を使ってます。
これはボールの移動量を設定する関数と取得する関数です。
あらかじめ、ボールクラスで以下のように定義しています。

void BALL::SetDX(int x)
{
	dx = x;
}

void BALL::SetDY(int y)
{
	dy= y;
}

int BALL::GetDX()
{
	return dx;
}


int BALL::GetDY()
{
	return dy;
}


左端にあたった場合は、ボールを逆方向へ飛ばすので、
現在の移動量の符号を変えてやればよいことになります。
そこで、GetDXで現在の移動量を取得し、-1をかけて、
SetDXで符号を変えた移動量をセットしなおしているわけです。
Y座標の方はただ跳ね返すだけなので、現在の移動量にー1をかけて反転させています。

右端の場合も反転させるので条件は一緒です。

それ以外、つまり真ん中付近に当たった場合は、そのまま跳ね返すだけなので、
Y方向の移動量を反転させるだけにしています。

以上がボールとバーの当たり判定の説明になります。
次回はブロックとボールの当たり判定について説明します。
>> 【ボールとブロックの当たり判定】に進む
>> ブロック崩しプログラミング入門トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)