>> シューティングゲーム作成入門トップに戻る

ボスを作ろう4(ショットパターン追加3)

今回はボスの最後のショットパターンについて説明します。

最後のショットパターンは、
上下にふわふわと移動しながら、一定間隔で放射状に弾を発射させ、
その弾を徐々に風車みたいに回転させます。
さらに一定間隔でプレイヤーめがけて、ボスの左右2箇所から弾をクロスする感じで発射させます。
コードは以下の通りです。

	case 3:
		if(scount%15==0){

			while((index=ShotSearch())!=-1){
				shot[index].gh=gh_shot[0];
				shot[index].speed=3;
				shot[index].pattern=3;
				shot[index].rad=((360/20)*PI/180)*num+((scount/15)*0.08);


				++num;

				if(num==20){
					break;
				}
				s_shot=true;
			}
		}
		num=0;
		if(scount%5==0 && temp_scount<=scount){

			while((index=ShotSearch())!=-1){
				shot[index].gh=gh_shot[1];
				shot[index].speed=6;
				shot[index].pattern=3;
				if(num==0){
					shot[index].x=x-50;
					shot[index].rad=atan2(py-y,px-(x-50));
				}else if(num==1){
					shot[index].x=x+50;
					shot[index].rad=atan2(py-y,px-(x+50));
				}

				

				++num;

				if(num==2){
					//5発分打ち終わったら、60ループ(一秒間)停止
					if(temp_scount+20==scount){
						temp_scount+=60;
					}
					break;
				}
				s_shot=true;
			}
		}


		break;

まず放射状に弾を発射させる方のコードですが、
コチラは15ループに一回動作させるようにしています。
今までのコードとほぼ一緒なので、ラジアンの計算の部分だけ説明します。
式は以下のようになっています。

shot[index].rad=((360/20)*PI/180)*num+((scount/15)*0.08);

弾は20分割して放射状に発射させるので、まず360÷20で弾一つ分の角度を出し、
それをラジアン単位に変換した後、弾数numをかけて、それぞれの弾の角度を出しています。
さらに今回は段々弾を風車のように回転させるので、初期の角度を少しずつ増加させる必要があります。
その計算をしてるのが後ろの部分の、+((scount/15)*0.08) の部分です。
15ループに一回計算が行われるので、scount/15の計算を行うと、
15ループごとに、1,2,3と徐々に増えていく値が得られます。
それに0.08という適当な値をかけることで丁度いい速さで発射位置がずれていき、
風車のような回転しながらのショットが撃てるようになります。
この0.08という値は好みの値に変えて回転スピードを変えてみても構いません。
この中のif文の処理は20発セットしたら終了するため、numが20になったらループを抜けるようにしています。

その次のif文ですが、コチラはボスの両側からプレイヤーの方へ向かって、
弾をクロスさせる感じで撃つショットのコードです。
この部分の処理のために、temp_scountという変数を新たに用意しています(コンストラクタで0に初期化してます)
このif文の条件は、scountが5で割り切れ、かつscountがtemp_scount以上の時のみ処理するようにしています。
イメージとしては、ボスの両側から二つ弾を発射し、それを5ループ間隔で打ち続けます。
それを5回、合計20発発射したら、一定間隔を置いたあとまた発射し始めるという流れです。
下記の部分のコードを見てください。

if(num==0){
shot[index].x=x-50;
shot[index].rad=atan2(py-y,px-(x-50));
}else if(num==1){
shot[index].x=x+50;
shot[index].rad=atan2(py-y,px-(x+50));
}

1ループにボスの左右から二つショットを発射する必要があるので、
二つ分の弾の座標と角度を設定してやる必要があります。
numが0の時はx座標から50を引いた座標を代入してます。つまりボスの左側です。
ラジアンの方も、x座標から50を引いた値で計算して、プレイヤー方向のラジアンを代入しています。
numが1の時は、ボスの右側の弾の設定を行うので、逆に50を足した値でそれぞれ計算しています。

これで弾のセットはできましたが、これを5回繰り返し、一定間隔を置く処理を書く必要があります。
それが以下の部分のコードです。

if(num==2){
//5発分打ち終わったら、40ループ停止
if(temp_scount+20==scount){
temp_scount+=80;
}
break;
}

if分でnumが2の時に実行するようにしてます。
つまり2発目のセットが終わった後ですね。
temp_scountとscountは最初の値は0です。
5ループに一回弾のセットが行われるので、scountが20になった時が5ループ目ということになります。
つまり、temp_scount+20とscoutの値が一致したときということです。
この時にtemp_scountの値を60足してやります。
こうすることで、最初のif文の条件、
if(scount%5==0 && temp_scount<=scount)
に従い、scountがtemp_scount以上になるまでは弾が発射されないことになります。
60カウント足す時点でtemp_scountとscountの差は20開いています。
temp_scountに60足すと、scountとの差は40になるので、
実際は40ループだけ弾の発射が停止されるということになります。

このショットを実装することで、以下の動画のようなショットを撃つことが出来るようになります。

今回の説明は以上です。
次回は未定ですが、ボスとの当たり判定を実装しようと思っています。

>> 【プレイヤーとボスの弾との当たり判定】に進む
>> シューティングゲーム作成入門トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)