>> シューティングゲーム作成入門トップに戻る

ボスとプレイヤーのショットとの当たり判定

今回は前回とは逆のボスとプレイヤーのショットとの当たり判定を実装します。

これも基本的には敵との当たり判定の時とあまり変わりません。
違うところと言えば、ボスにはHPが存在するので、
弾があたったらそのHPを減らし、HPが0になったら消滅させる必要があります。
まずそのHPを設定する関数が必要になりますね。
さらに、プレイヤーのショットの方ですが、
プレイヤーのショットには追跡弾(ホーミング弾)を実装していたと思いますが、
これは通常の敵に対して動作するようにしかコードを書いてないので、
ボスの時にも動作させるようにコードを書き加える必要があります。
また、それに伴ってPLAYERクラスからもボスの座標を取得する必要がありますので、
CONTROLクラスにボス座標取得用の関数を作成します。

int BOSS::HpSet(int damage)
{
	hp-=damage;

	return hp;
}

これがボスのHP取得用の関数です。
あらかじめボスクラスにはhpという変数を定義して初期値を500に設定してます。
この関数では引数に渡されたダメージ数をhpから引き、
そのhpを戻り値として返しているだけです。

次にCONTROLクラスにボス座標取得用の関数を作成します。

void CONTROL::GetBossPosition(double *x,double *y)
{
	double bx,by;

	boss.GetPosition(&bx,&by);

	*x=bx;
	*y=by;
}

特に説明は不要ですね。
ボスクラスのGetPosition関数で座標を取得し、
それを引数のポインタ経由で値を返してるだけです。

追跡弾のコードは後回しにして、
先に当たり判定部分のコードをお見せします。

void CONTROL::BossCollisionAll()
{

	double px,py,bx,by,ix,iy;
	
	int bhp=0;

	//出すアイテム数
	int itemnum=0;

	//グレイズとヒットしたかのフラグ
	bool hflag=false,gflag=false;

	//ボスの弾の種類
	int type;

	//プレイヤーのショットとボスとの当たり判定
	for(int i=0;i<PSHOT_NUM;++i){
		if(player->GetShotPosition(i,&px,&py)){
			boss.GetPosition(&bx,&by);
				//当たり判定
				if(CircleCollision(PSHOT_COLLISION,BOSS_COLLISION,px,bx,py,by)){
					//当たっていれば、hpを減らす
					bhp=boss.HpSet(1);
					//当たった弾のフラグを戻す
					player->SetShotFlag(i,false);
					//得点を加える
					score->SetScore(CURRENT_SCORE,10);
					
					//もしボスのHPが0以下なら
					if(bhp<=0){
						//フラグを戻す
						boss.SetFlag(false);
						//消滅エフェクトを出す
						EnemyDeadEffect(bx,by);
						//消滅音を鳴らす
						edead_flag=true;
						//さらに得点を加える
						score->SetScore(CURRENT_SCORE,10000);
						//アイテムを出す。
						for(int z=0;z<ITEM_NUM;++z){
							if(!item[z]->GetFlag()){
								//アイテムの初期座標をばらけさせる。
								ix=(rand()%100-51)+bx;
								iy=(rand()%100-51)+by;
								item[z]->SetFlag(ix,iy,rand()%2);
								++itemnum;
								//10個出したらループを抜ける
								if(itemnum==10){
									break;
								}
							}
						}
						
					}
				}
		}
	}

	//ボスのショットとプレイヤーとの当たり判定
	if(!player->GetDamageFlag()){
		player->GetPosition(&px,&py);
		for(int i=0;i<BOSS_SHOTNUM;++i){
			if(boss.GetShotPosition(i,&bx,&by,&type)){
				switch(type){
					case 0:
						if(CircleCollision(GRAZE_COLLISION,ESHOT0_COLLISION,px,bx,py,by)){
							gflag=true;
						}
						if(CircleCollision(PLAYER_COLLISION,ESHOT0_COLLISION,px,bx,py,by)){
							hflag=true;
						}
						break;
					
					case 1:
						if(CircleCollision(GRAZE_COLLISION,ESHOT1_COLLISION,px,bx,py,by)){
							gflag=true;
						}
						if(CircleCollision(PLAYER_COLLISION,ESHOT1_COLLISION,px,bx,py,by)){
							hflag=true;
						}
						break;

					case 2:
						if(CircleCollision(GRAZE_COLLISION,ESHOT2_COLLISION,px,bx,py,by)){
							gflag=true;
						}
						if(CircleCollision(PLAYER_COLLISION,ESHOT2_COLLISION,px,bx,py,by)){
							hflag=true;
						}
						break;
				}
				//グレイズフラグが立ってたら
				if(gflag){
					//該当の弾が既にグレイズしているかチェック
					if(!boss.GetGrazeFlag(i)){
						boss.SetGrazeFlag(i);
						//まだ使われてないグレイズエフェクトを探す
						for(int z=0;z<GRAZE_NUM;++z){
							if(!graze[z]->GetFlag()){
								graze[z]->SetFlag(px,py);
								break;
								
							}
						}
						//スコアを加算
						score->SetScore(GRAZE_SCORE,1);
						score->SetScore(CURRENT_SCORE,20);
						graze_flag=true;
						
						
					}
					//次の弾のグレイズをチェックするためフラグを戻す。
					gflag=false;
				}
				if(hflag){
					//操作キャラのdamageflagを立てる
					player->SetDamageFlag();
					//弾を消す
					boss.SetShotFlag(i,false);
					//プレイヤー消滅音フラグを立てる
					pdead_flag=true;
					//一時フラグを元に戻す。
					hflag=false;
					//一つでも当たっていたらプレイヤーは消滅するので、
					//他の弾をチェックする必要ないのでループを抜ける。
					break;
				}
			}
		}
	}
	//アイテムとプレイヤーの当たり判定
	for(int i=0;i<ITEM_NUM;++i){
		if(item[i]->GetFlag()){
			item[i]->GetPosition(&ix,&iy);
			if(CircleCollision(PLAYER_COLLISION,ITEM_COLLISION,px,ix,py,iy)){
				switch(item[i]->GetType()){
					case 0:
						score->SetScore(CURRENT_SCORE,300);
						break;
					case 1:
						player->SetPower(1);
						score->SetScore(POWER_SCORE,player->GetPower());
						//パワーを増やす
						break;
				}
				item[i]->Delete();
				//アイテム取得音をセット
				item_flag=true;
			}
		}
	}
	//ライフは毎回取得
	score->SetScore(LIFE_SCORE,player->GetLife());
}

先ほどのボスのショットとプレイヤーの当たり判定のコードは無視してください。
まずプレイヤーの弾数分だけループさせて、弾の座標を取得し、
ボスの座標を取得した後、BossCollisionAll関数で当たり判定を行っています。
BOSS_COLLISIONという定数はdefine.hで以下のように定義しています。

#define BOSS_COLLISION 60

60なのでボスの画像の約半分ですね。
弾がボスに当たったら、先ほどのHpSet関数を使ってHPを1減らしています。
さらに、当たった弾のフラグを戻して弾を消し、スコアに得点を加算しています。

さらにその下のif文を見てください。
bhpという変数はHpSet関数の戻り値であるボスのHPが入った変数です。
それが0以下、つまり倒したときにこのif文内の処理が実行されるわけです。
if文内では、SetFlag関数でボスのフラグを戻し、
消滅エフェクト、消滅音、得点の設定などを行っています。
最後にアイテムも出現させていますが、
ボスなので少し多めにアイテムを出現させようと思います。
少しばらけて出現させたほうがよいので、初期座標をすこしずらしています。
(rand()%100-51)の計算をするだけで、-50~50までのランダムな値が取得できます。
これにbx,byつまりボスの座標を足すことで、
ボスの座標から-50~50の範囲でかつランダムにアイテムの初期座標が
設定されることになります。
またアイテムの、SetFlag関数の第三引数はアイテムの種類を表していますが、
0と1の2種類しかないので、rand()%2の計算だけで、
0か1のランダムな値を設定することができます。
さらにその下のif文でitemnumという変数、
これはアイテムを何個出現させたかを表す変数ですが、
これが10個に達したらループを抜けるようにしています。
これで、ボスの座標から-50~50の範囲で、かつランダムに、
10個のアイテムを出現させることができるようになりました。

当たり判定の部分の説明は以上です。
次にプレイヤーの追跡弾部分のコードです。

void PLAYER::Shot()
{
	s_shot=false;
	int num=0;

	if(!damageflag){
	
		//キーが押されててかつ、6ループに一回発射
		if(key[KEY_INPUT_Z]==1 && count%6==0){
			for(int i=0;i<PSHOT_NUM;++i){
				if(shot[i].flag==false){
					if(power<5){
						shot[i].flag=true;
						shot[i].x=x;
						shot[i].y=y;
						shot[i].rad=-PI/2;
						shot[i].type=0;
						break;

					}else if(power>=5 && power<10){
						//0の時が前方発射
						if(num==0){
							shot[i].flag=true;
							shot[i].x=x;
							shot[i].y=y;
							shot[i].rad=-1.57;
							shot[i].type=0;
						}else if(num==1){
							shot[i].flag=true;
							shot[i].x=x;
							shot[i].y=y;
							shot[i].rad=-1.69;
							shot[i].type=0;
						}else if(num==2){
							shot[i].flag=true;
							shot[i].x=x;
							shot[i].y=y;
							shot[i].rad=-1.45;
							shot[i].type=0;
						}

						++num;


						if(num==3){
							break;
						}
					}else if(power==10){
						//0の時が前方発射
						if(num==0){
							shot[i].flag=true;
							shot[i].x=x;
							shot[i].y=y;
							shot[i].rad=-1.57;
							shot[i].type=0;
						}else if(num==1){
							shot[i].flag=true;
							shot[i].x=x;
							shot[i].y=y;
							shot[i].rad=-1.69;
							shot[i].type=0;
						}else if(num==2){
							shot[i].flag=true;
							shot[i].x=x;
							shot[i].y=y;
							shot[i].rad=-1.45;
							shot[i].type=0;
						}else if(num>2){
							BallShotSet(i);
						}


						++num;


						if(num==5){
							break;
						}
					/*	BallShotSet(i);
						++num;
						if(num==2)
							break;*/
					}

				}
				
			}
			//ショットサウンドフラグを立てる
			s_shot=true;
		}
	}

	//一番近い敵との角度
	double trad;
	//一番近い敵の添え字
	int index;
	double ex,ey;
	//controlクラスの参照変数
	CONTROL &control = CONTROL::GetInstance();

	//一番近い敵の添え字取得
	index=NearEnemySearch();
	

	//弾を移動させる処理
	for(int i=0;i<PSHOT_NUM;++i){
		//発射してる弾だけ
		if(shot[i].flag){
			if(shot[i].type==0){
				shot[i].x+=cos(shot[i].rad)*PSHOT_SPEED;
				shot[i].y+=sin(shot[i].rad)*PSHOT_SPEED;

			}else if(shot[i].type==1){
				
				//戻り値が-1なら敵はもう居ないので、まっすぐ前に発射
				if(index==-1){
					trad=-PI/2;
				}else{
					//一番近い敵との角度を取得
					control.GetEnemyPosition(index,&ex,&ey);
					trad=atan2(ey-shot[i].y,ex-shot[i].x);
				}
				//ボスがいる場合はボスとの角度を取得
				if(control.GetBossFlag()){
					control.GetBossPosition(&ex,&ey);
					trad=atan2(ey-shot[i].y,ex-shot[i].x);
				}
				
				shot[i].rad=trad;
				shot[i].x+=cos(trad)*PSHOT_SPEED;
				shot[i].y+=sin(trad)*PSHOT_SPEED;
			}

			//画面の外にはみ出したらフラグを戻す
			if(shot[i].y<-10 || shot[i].x<-10 || shot[i].x>410 || shot[i].y>510){
				shot[i].flag=false;
			}
		}
	}
}

ちょっと長いですが、
追加した部分は、「ボスがいる場合はボスとの角度を取得」と書かれている、
3行のif文だけです。
controlクラスのGetBossFlagを実行して、
ボスのフラグを取得し、ボスフラグが立っていれば、
ボスが出現していることになるので、
その場合は、先ほど作成したGetBossPosition関数を使って、
ボスの座標を取得しています。
そしてatan2関数を使って、ボスの座標とプレイヤーのショットがなす角度を
求め、trad変数に代入してます。

trad変数はその下を見れば分かるように、
弾構造体の実際の角度radに代入しているので、
これが実際の弾の角度になるわけです。
ボスが出現していない場合は、ここのif文は実行されないので、
通常の敵とのなす角度が代入されることになります。

以上のコードを書いて、当たり判定を追加すると、
以下の動画のようにプレイヤーのショットとボスとの当たり判定を実装できます。

正直、音とかエフェクトが弱いせいでかなりしょぼく見えますが、
その辺はご了承下さい。
ボス撃破時に画面を揺らしたり、もっと音を変えたり、エフェクトを激しくしたりすれば、
もっとかっこよくなると思います。

今回の説明は以上です。
次回の内容は未定ですのでしばらくお待ち下さい。


>> 【ボスの状態遷移】に進む
>> シューティングゲーム作成入門トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)