>> Java入門トップに戻る

文字コードを変換してファイル書き込み

Javaで文字コードを変換してファイルに書き込む方法を説明します。

私が知ってる方法としては2つあります。

OutputStreamWriterを使う

一つ目の方法は「OutputStreamWriterクラス」を使う方法です。
以下のコードを見てください。
package file;

import java.io.BufferedWriter;
import java.io.FileOutputStream;
import java.io.IOException;
import java.io.OutputStreamWriter;

public class FileTest{
	
	public static void main(String[] args){
		
		FileOutputStream fo = null;
		OutputStreamWriter osw = null;
		BufferedWriter bw = null;
		
		try {
			//インスタンス生成
			fo = new FileOutputStream("output.txt");
			osw = new OutputStreamWriter(fo,"SHIFT_JIS");
			bw = new BufferedWriter(osw);
			
			String tmp = "あいうえお\r\nかきくけこ";
			
			//書き込み
			bw.write(tmp);
			
			
		} catch (Exception e){
			e.printStackTrace();
		}finally{
			
			try {
				bw.close();
			} catch (IOException e) {
				e.printStackTrace();
			}
		}

	}
	
}
インスタンス生成部分を見てください。
	//インスタンス生成
	fo = new FileOutputStream("output.txt");
	osw = new OutputStreamWriter(fo,"SHIFT_JIS");
	bw = new BufferedWriter(osw);
まず、FileOutputStreamのコンストラクタの引数にファイル名を指定してFileOutputStreamインスタンスを生成します。
次に「OutputStreamWriterクラス」のコンストラクタの第1引数にFileOutputStreamのインスタンスを、第2引数に「書き込むファイルの文字コード」を指定します。
上記の例では文字コードをSHIFT_JISとして書き込もうとしてるファイルなので「SHIFT_JIS」と書いていますが、UTF-8なら「UTF-8」等と指定します。
表記としては「SJIS」や「utf8」みたいに幾つか色々な表記が可能なようですので、そちらはググッて調べてください。

最後にこのOutputStreamWriterクラスのインスタンスをBufferedWriterクラスのコンストラクタの引数に指定し、BufferedWriterのインスタンスを生成します。
このようにOutputStreamWriterで橋渡しすることによって、SHIFT_JISの文字コードに変換しながらファイルに書き込んでくれるというわけです。

次に実際に書き込む部分です。
	String tmp = "あいうえお\r\nかきくけこ";
			
	//書き込み
	bw.write(tmp);
ここは普通のテキストファイルの書き込みと変わりません。
BufferedWriterの「writeメソッド」にString型の文字列を指定して書き込むだけです。
上記だと「あいうえお\r\nかきくけこ」という文字列を書き込んでいるので、
あいうえお
かきくけこ
という風にファイルに書き込まれます。
※「\r\n」は行頭復帰&改行を意味します。

以上が「OutputStreamWriterrクラス」を使って文字コードを変換してファイルに書き込む方法でした。

StringクラスのgetBytesメソッドを使う

もうひとつは「Stringクラス」の「getBytesメソッド」を利用する方法です。
以下のコードを見てください。
package file;

import java.io.BufferedOutputStream;
import java.io.FileOutputStream;
import java.io.IOException;

public class FileTest{
	
	public static void main(String[] args){
		
		FileOutputStream fo = null;
		BufferedOutputStream bo = null;
		
		try {
			//インスタンス生成
			fo = new FileOutputStream("output.txt");
			bo = new BufferedOutputStream(fo);
			
			String tmp = "あいうえお\r\nかきくけこ";
			
			//StringクラスのgetBytesメソッドで文字コードを変換したbyte配列で取得
			byte test[] = tmp.getBytes("SHIFT_JIS");
			
			
			//書き込み
			bo.write(test);
			
		} catch (Exception e){
			e.printStackTrace();
		}finally{
			
			try {
				bo.close();
			} catch (IOException e) {
				e.printStackTrace();
			}
			
		}

	}
	
}
インスタンス生成部分は難しくないので詳しくは説明しませんが、byte型配列をファイルにそのまま書き込むのでFileOutputStreamとBufferedOutputStreamクラスを使います。

データ書き込み部分です。
	String tmp = "あいうえお\r\nかきくけこ";
			
	//StringクラスのgetBytesメソッドで文字コードを変換したbyte配列で取得
	byte test[] = tmp.getBytes("SHIFT_JIS");
			
			
	//書き込み
	bo.write(test);
見ていただくと分かるようにStringクラスの「getBytesメソッド」を実行しています。
getBytesメソッド」の引数には「文字コード」を指定します。
このメソッドを実行することで、文字列を指定した文字コードに変換して、byte配列として取得できます。
後はこのbyte配列をBufferedOutputStreamの「writeメソッド」で書き込むだけです。

簡単ですよね。

以上、文字コードを変換してファイルに書き込む方法でした。


>> Java入門トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)