>> JavaScript入門トップに戻る

パラメータを使ったajax通信

前回は、単純にGETでデータを受信して表示するだけでしたが、
今回はデータをこちらからも送信して受信する方法を紹介します。

その前に、前回少し説明しましたが、
setRequestHeader関数を使う必要があります。
これは、サーバにデータを送信するときに、送信するデータがどういう形式にものなのかを設定するためのものです。
第一引数にデータタイプ、第二引数に値を指定します。
通常はユーザにフォームデータを入力してもらって、それを送信すると思いますので、
第一引数は【Content-Type】、
第二引数は【application/x-www-form-urlencoded; charset=utf-8】
が一般的かと思います。
もちろん文字コードが違えば、charsetの部分を変えてください。
通常は、

ajaxオブジェクト.setRequestHeader('Content-Type',
"application/x-www-form-urlencoded; charset=utf-8");

こんな感じになると思います。

さて、次にパラメータを付加して送信する方法を説明します。
たとえば、変数で
test=10;
figure=100;
という値があるとします。

これをGETでサーバ側のCGIへ送信する場合は、
openメソッドでこのように書きます。

open("GET",CGIのURL/?test=10&figure=100,true);

と書きます。
CGIのURL後ろにスラッシュを置き、?マークをつけた後に、
変数名=値&変数名=値、
と変数名と値をセットで書きます。
複数変数がある場合は、アンパサンドでくっつけます。
この状態でsendメソッドはnullで実行します。
これでCGI側では、test変数とfigure変数の値が受け取れます。
また、今回は数字でしたが、日本語などの文字列を送信する場合は、
専用の関数で変換してやる必要があります。
その関数が、encodeURIComponent関数です。
引数に対象の文字列を指定してやると、フォームで送信したときと同じように変換された文字列を返してくれます。
その値を上記のように変数名と一緒に指定してやればよいです。
openメッソドに書いてある、testやfigureという名前は、
CGI側でデータを受け取るときの名前です。
別の名前で受け取りたければ好きな名前に変えて構いません。

次にPOSTを使って送信する場合ですが、
openメソッドに関しては、

open("POST",CGIのURL,true);

このようにCGIのURLだけを指定し、sendメソッドで、
"test=10&figure=100"
というようなパラメータの文字列だけを指定して送信します。
もちろん日本語文字列がある場合は、先程のencodeURIComponent関数を使います。

以上が、パラメータを付加してAjaxで通信する方法です。
覚えるだけだと思うのでそんなに難しくはないと思います。
次回は正規表現について説明します。


>> 【正規表現】に進む
>> JavaScript入門トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)