>> JavaScript入門トップに戻る

正規表現【replace関数】

今回は正規表現が使える非常に便利なreplace関数について説明します。
使うときは、

文字列変数.replace(正規表現,変換文字列);

のようにして使います。
つまり正規表現にマッチしたものを、変換文字列に置き換えて戻り値として返してくれるわけです。
下のコードを見てください。

function CheckTest3()
{
	str="あいうえお12345ABCDE6789";
	
	var temp=str.replace(/[^A-Z]+([A-Z]+)\d+/g,"アルファベットだけ抜き出しました→$1");
	
	alert(temp);
}


↑押してみてください。
「アルファベットだけ抜き出しました→ABCDE」と表示されたと思います。
replace関数の第一引数を見てください。
正規表現の詳しい説明は省きますが、
アルファベットの部分だけ()でグループ化しています。
replace関数ではこのグループ化した部分を、第二引数で「$数字」で表すことが出来ます。
グループ化が二つあれば、$1、$2、と増えていくだけです。
今回は、"アルファベットだけ抜き出しました→$1"と書くと、
$1の部分が「ABCDE」に置き換わり、戻り値として返してくれるわけです。
一回の処理でこれだけのことが出来るのは非常に便利ですよね?

さらに、replace関数の第二引数には関数を渡すことも可能です。

function CheckTest4(){
	str="あいうえお12345ABCDE6789";
	
	var temp=str.replace(/[^A-Z]+([A-Z]+)\d+/g,Parse);
	
	alert(temp);
}

function Parse(a,b){
	
	return b+"だけ抜き出しました。";
	
}


↑押してみてください。「ABCDEだけ抜き出しました。」と表示されましたよね?
replace関数の第二引数にはParse関数を渡しています。
これでマッチした内容がParse関数に渡されて自由に処理することが可能になります。
この時、Parse関数の第一引数はreplace関数でマッチした全体を指します。
第二引数は、replace関数でグループ化したものを指します。
つまり今回の場合だと、
aには、マッチした全体【あいうえお12345ABCDE6789】が入っていて、
bには、グループ化した【ABCDE】が入っているというわけです。

そして、関数で処理したものをreturnで返します。
こうすることで、temp変数にその結果が代入される、という流れになっています。
今回は「だけ抜き出しました」という文字列しかくっつけてませんが。

理解できましたでしょうか?
複雑な処理は関数を使ったほうが便利なので是非活用しましょう。


>> JavaScript入門トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)