>> PHP入門トップに戻る

PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド

今回はPDOでSelect文を実行してみたいと思います。
以下のようなテーブルを準備してください。
mysql> select * from test;
+----+------+------+
| id | num  | name |
+----+------+------+
|  1 |    1 | AAA  |
|  2 |   10 | BBB  |
|  3 |  100 | CCC  |
|  4 | 1000 | DDD  |
+----+------+------+
まずはプリペアドステートメントを使って実行してみたいと思います。
プリペアドステートメントがわからない人は「PDO プリペアドステートメント」のページを参照してください。

PDO プリペアドステートメント」のページでは以下のようにデータを一件だけ取得するコードを書きました。
	//PDOオブジェクトの生成
	$pdo = new PDO("mysql:dbname=test;host=localhost",USERNAME,PASSWORD);
	
	//prepareメソッドでSQLをセット
	$stmt = $pdo->prepare("select name from test where id = ? and num = ?");

	//bindValueメソッドでパラメータをセット
	$stmt->bindValue(1,2);
	$stmt->bindValue(2,10);
	
	
	//executeでクエリを実行
	$stmt->execute();

	//結果を表示
	$result = $stmt->fetch();
	echo "name = ".$result['name'].PHP_EOL;
ヒットしたデータが複数件あった場合はどうすればよいでしょうか?
以下のようにします。
	//PDOオブジェクトの生成
	$pdo = new PDO("mysql:dbname=test;host=localhost",USERNAME,PASSWORD);
	
	//prepareメソッドでSQLをセット
	$stmt = $pdo->prepare("select name from test where id = ? or id = ?");
	
	//bindValueメソッドでパラメータをセット
	$stmt->bindValue(1,1);
	$stmt->bindValue(2,2);
	
	
	//executeでクエリを実行
	$stmt->execute();
	
	//PDO Statementオブジェクトをそのままforeachへ
	foreach($stmt as $loop){
		//結果を表示
		echo "name = ".$loop['name'].PHP_EOL;
	}
PDO Statementオブジェクトをそのままforeachに渡してループさせてます。
先程はfetchを実行して取り出してましたが、foreachでループさせることで、
fetchを実行した結果が$loopの中に入るようになります。
複数件の取得はよくあることなので、覚えておくといいと思います。

fetchAllメソッド

複数件のデータの取得方法として「fetchAllメソッド」を使う方法もあります。
fetchは1件しかデータを取得しませんでしたが、fetchAllは結果データを全件まとめて配列で取得します。
	//PDOオブジェクトの生成
	$pdo = new PDO("mysql:dbname=test;host=localhost",USERNAME,PASSWORD);
	
	//prepareメソッドでSQLをセット
	$stmt = $pdo->prepare("select name from test where id = ? or id = ?");
	
	//bindValueメソッドでパラメータをセット
	$stmt->bindValue(1,1);
	$stmt->bindValue(2,2);
	
	
	//executeでクエリを実行
	$stmt->execute();
	
	//fetchAllで結果を全件配列で取得
	$all = $stmt->fetchAll();
	
	//取得した配列をループさせて表示
	foreach($all as $loop){
		//結果を表示
		echo "name = ".$loop['name'].PHP_EOL;
	}
配列で取得したいケースではこちらを使うと良いと思います。

queryメソッドでデータ取得

今まではプリペアドステートメントを使ってデータを取得してきましたが、少し手間がかかりましたよね?
特にエスケープする必要が無いときや単純に決まったデータを1回だけ取り出したい時は、もっと手軽に取り出したいものです。
そんな時は「queryメソッド」を使います。

queryメソッドはPDOオブジェクトのメソッドです。
以下のコードを見てください。
	//PDOオブジェクトの生成
	$pdo = new PDO("mysql:dbname=test;host=localhost",USERNAME,PASSWORD);
	
	//queryメソッドでSQLを実行
	$stmt = $pdo->query("select name from test where id = 1");
	
	//結果を表示
	$result = $stmt->fetch();
	echo "name = ".$result['name'].PHP_EOL;
上記のように実行します。
queryメソッドの戻り値はPDO Statementオブジェクトです。
ですので、その戻り値からfetchを使って取り出してます。
複数件ある場合は、先程のようにforeach文で回すことで簡単にデータが取り出せます。

先程よりもコード量が減って簡単に習得できました。
ですが、このqueryメソッドのクエリにパラメータを渡す時は自分でエスケープする必要があるので注意してください。
プリペアドステートメントはエスケープして引用符で囲む処理を自動でやってくれてましたが、これは引数のSQLをそのまま実行するだけです。
ですので値が固定、もしくは安全であることが確認できる場合のみ使うようにした方がいいと思います。
ユーザ入力値をパラメータに指定する場合は、必ずプリペアドステートメントを使うようにしましょう。

>> 【PDO insert文実行】に進む
>> PHP入門トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)