>> シューティングゲーム作成入門トップに戻る

キャラを表示させよう

今回はキャラを表示させて、歩かせるところまで説明します。

コード的には、ゲームプログラミング入門ページのキャラを歩かせようとほぼ同じです。
画像は同じものを使っていますが、
全体の長さが88 x 160の大きさに縮小してあります。
下記のコードはその大きさに対応したコードに修正してます。

PLAYERクラスのヘッダファイルのコードは以下のようになっています。

class PLAYER{
private:
	//x座標,y座標
	double x,y;

	//画像幅
	int width,height;

	//グラフィックハンドル格納用配列
	int gh[12];


	//移動係数
	float move;

	//横方向と縦方向のカウント数。
	int xcount,ycount;
	//添字用変数
	int ix,iy,result;
	//生きてるかどうかのフラグ
	bool life;
private:
	void Move();
	void Draw();

public:
	PLAYER();
	void All();

};


座標用変数や、画像のサイズ用の変数、グラフィックハンドル格納用の配列などを用意しています。
まずプレイヤークラスのコンストラクタで画像の読み込み等を行います。

PLAYER::PLAYER()
{
	//画像読み込み
	
	if(-1==LoadDivGraph("charall.png",12,3,4,29,40,gh)){
		MSG("エラー発生");
	}

	width=29;
	height=40;
		

	//移動係数
	move=1.0f;

	//横方向と縦方向のカウント数。
	xcount=0,ycount=0;
	//添字用変数
	ix=0,iy=0,result=0;

	//初期位置
	x=180;
	y=400;
	
	life=true;
}

まずLoadDivGraph関数で、講座1で説明していた、12分割のキャラチップの
画像を読み込んでいます。
この関数の意味がわからない場合は、
ゲームプログラミング入門ページのキャラを歩かせようを参照して下さい。
その他の変数には、画像のサイズや初期座標等を代入しています。
この辺も分からない場合は、先程のキャラを歩かせようのページを参照して下さい。
次にキーによる移動を行うためのmove関数です。

void PLAYER::Move()
{
	
		if(key[KEY_INPUT_LEFT]==1 || key[KEY_INPUT_RIGHT]==1){
			
			if(key[KEY_INPUT_UP]==1 || key[KEY_INPUT_DOWN]==1){
				//移動係数を0.71に設定
				move=0.71f;
			}else{
				//斜めじゃなければ1.0に設定
				move=1.0f;
			}
		}else if(key[KEY_INPUT_UP]==1 || key[KEY_INPUT_DOWN]==1){
			move=1.0f;
		}
		
		
		if(key[KEY_INPUT_LEFT]==1){
			x-=(int)PLAYER_SPEED*move;
		}
		if(key[KEY_INPUT_RIGHT]==1){
			x+=(int)PLAYER_SPEED*move;

		}
		if(key[KEY_INPUT_UP]==1){
			y-=(int)PLAYER_SPEED*move;

		}
		if(key[KEY_INPUT_DOWN]==1){
			y+=(int)PLAYER_SPEED*move;

		}



		//左キーが押されてて、かつxcountが0以上なら0にしてから1引く。
		//それ以外は1引く
		if(key[KEY_INPUT_LEFT]==1){
			if(xcount>0)
				xcount=0;
			--xcount;
				
		}
		//右キーが押されてて、かつxcountが0以下なら0にしてから1足す。
		//それ以外は1引く
		if(key[KEY_INPUT_RIGHT]==1){
			if(xcount<0)
				xcount=0;
			++xcount;
		}
		//上キーが押されてて、かつycountが0以上なら0にしてから1引く。
		//それ以外は1引く
		if(key[KEY_INPUT_UP]==1){
			if(ycount>0)
				ycount=0;
			--ycount;
		}
		//下キーが押されてて、かつycountが0以下なら0にしてから1足す。
		//それ以外は1足す
		if(key[KEY_INPUT_DOWN]==1){
			if(ycount<0)
				ycount=0;
			++ycount;
		}


		//カウント数から添字を求める。
		ix=abs(xcount)%30/10;
		iy=abs(ycount)%30/10;

		//xカウントがプラスなら右向きなので2行目の先頭添字番号を足す。
		if(xcount>0){
			ix+=3;
			result=ix;
		}else if(xcount<0){
			//マイナスなら左向きなので、4行目の先頭添字番号を足す。
			ix+=9;
			result=ix;
		}

		//yカウントがプラスなら下向きなので、3行目の先頭添字番号を足す。
		if(ycount>0){
			iy+=6;
			result=iy;
		}else if(ycount<0){
			//1行目の先頭添字番号は0なので何もする必要なし。(分かりやすくするために書いときました)
			iy+=0;
			result=iy;
		}

		//斜め移動の場合は横顔を優先
		if(move==0.71f)
			result=ix;


		//押されてなければカウントをゼロにする。
		if(key[KEY_INPUT_LEFT]!=1 && key[KEY_INPUT_RIGHT]!=1){
			xcount=0;
		}
		if(key[KEY_INPUT_UP]!=1 && key[KEY_INPUT_DOWN]!=1){
			ycount=0;
		}

}

定数PLAYER_SPEEDは、define.hというヘッダファイルの方で、

//プレイヤーの歩くスピード
#define PLAYER_SPEED 4


と、宣言されています。
プレイヤーの動くスピードを表しています。

この部分以外は、先程も言ったように、
ゲームプログラミング入門ページのキャラを歩かせようのページと一緒ですので、
詳細についてはそちらを参照して下さい。
この関数で移動を制御し、Draw関数で描画します。

void PLAYER::Draw()
{
	//生きてれば描画
	if(life){
		//描画
		DrawGraph(x-width/2,y-height/2,gh[result],TRUE);
	}
}

書いているように、現在生きているときだけ描画するようにしています。
xやyから画像の幅や高さの半分を引いているのは、画像の中心に座標が来るようにするためです。
変数resultというのは、上記のmove関数によって計算された現在の画像を添字です。
これらの関数をAll関数で呼び出しています。

void PLAYER::All()
{
	Move();
	Draw();
}

たったこれだけです。
そのほかのクラスも、このような個々の関数はprivateで宣言し、
全てpublicのAll関数内で呼び出すようにしています。
第二章で説明したとおり、このAll関数はCONTROLクラスのAll関数で呼び出しています。

ここまでで一通り説明は終わりました。
これからコンパイルを通すためのすべてのコードを提示しますが、
プロジェクトの設定で、文字セットは「マルチバイト文字セットを使用する」に設定し、
pch.hというプリコンパイル済みヘッダを使用する設定にしておいてください。
このプリコンパイル済みヘッダの設定がわからない人はC言語発展編の第六章を見てください。
また、最初に説明したようにキャラを歩かせる部分のコードは、
コード的には、ゲームプログラミング入門ページのキャラを歩かせようとほぼ同じです。
画像は同じものを使っていますが、
全体の長さが88 x 160の大きさに縮小してあります。
その画像をプロジェクトファイル(.vcproj)と同じフォルダに置くのを忘れないようにしてください。
下記のzipファイルに必要なcppとヘッダファイルをまとめてあります。
cppはソースファイル、ヘッダファイルはヘッダーファイルに追加して実行してみてください。

ファイル一式ダウンロード(zip)

実行すると以下の動画ようにキャラを歩かせることが出来ます。


今回の説明はここまで。
なお、次回以降は今回のようにコード一式を提示するようなことはしませんので、
自分で講座にしたがって必要なコードを継ぎ足していってください。
次回はキャラの移動制御を説明します。
>> 【キャラの移動制御】に進む
>> シューティングゲーム作成入門トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)