>> Java入門トップに戻る

バイナリデータ書き込み FileOutputStream,BufferedOutputStream,DataOutputStream

Javaでバイナリデータの書き込みを行うには基本的に二つのクラスを使います。
FileOutputStreamクラス」と「BufferedOutputStreamクラス」です。

テキストファイルの書き込みの時とはクラスが違うだけで仕組み的にはほとんど一緒で、FileOutputStreamクラスでファイルに書き込むための出力ストリームを作成し、バッファリングして効率よくデータを書き込む為に必要なのがBufferedOutputStreamです。

それではコードを見てください。
public class FileTest {

	public static void main(String[] args) {

		FileOutputStream fo = null;
		BufferedOutputStream bo = null;
		
		try {
			
			//インスタンス生成
			bo = new BufferedOutputStream(new FileOutputStream("binary.dat"));
			
			byte tmp = 10;
			byte tmp2 = 50;
			
			//書き込み
			bo.write(tmp);
			bo.write(tmp2);
			
			//ストリームをフラッシュ
			bo.flush();
			

		} catch (Exception e){
			e.printStackTrace();

		} finally {

			try {
				//出力ストリームを閉じる
				bo.close();
			} catch (IOException e) {
				e.printStackTrace();
			}

		}
	}
}
インスタンス生成部分を見てください。
	//インスタンス生成
	bo = new BufferedOutputStream(new FileOutputStream("binary.dat"));
まずFileOutputStreamクラスのコンストラクタの引数に読み込むファイル名を指定してインスタンスを生成し、そのインスタンスをBufferedOutputStreamのコンストラクタの引数に指定します。
これでインスタンス生成部分はOKです。

この後実際にファイルへバイナリデータを書き込んでいきますが、BufferedOutputStreamクラスの「writeメソッド」を使います。
	byte tmp = 10;
	byte tmp2 = 50;
			
	//書き込み
	bo.write(tmp);
	bo.write(tmp2);
			
	//ストリームをフラッシュ
	bo.flush();
この「writeメソッド」で書き込むことの出来るデータ型は「byte型」か「byte型の配列」です。
int型」も指定できますが、1バイトで表現できる範囲なので「-128~255」までの値でないといけません。
この範囲を超えてしまうと正しい数値が書き込まれなくなるのでこの方法ではbyte型で書き込むようにしたほうがいいと思います。

他のデータ型を書き込む方法は後ほど説明します。

writeメソッドで書き込んだら、テキストファイルの時と同じように「flushメソッド」でバッファの内容を出力先に書き出してあげます。
わからない人はテキストファイルの書き込みの説明のページを参照してください。

後は最後に出力ストリームを閉じるだけです。
BufferedOutputStreamクラスの「closeメソッド」を実行します。
	//出力ストリームを閉じる
	bo.close();
このメソッドは引数がないので書いてあるようにただ実行するだけです。

これで全ての処理が完了です。
とりあえずこれでbyte型のバイナリデータを書き込む事が出来ました。

DataOutputStream

先ほどの説明ではbyte型のバイナリデータしか書き込めませんでしたが、「DataOutputStreamクラス」を使うとその他のデータ型のバイナリデータでもファイルに書き込むことが出来ます。
package file;

import java.io.BufferedOutputStream;
import java.io.DataOutputStream;
import java.io.FileOutputStream;
import java.io.IOException;

public class FileTest {

	public static void main(String[] args) {

		FileOutputStream fo = null;
		BufferedOutputStream bo = null;
		DataOutputStream dos = null;
		
		try {
			
			//インスタンス生成
			bo = new BufferedOutputStream(new FileOutputStream("binary.dat"));
			//インスタンス生成
			dos = new DataOutputStream(bo);
			
			//int型書き込み
			dos.writeInt(100);
			
			//double型書き込み
			dos.writeDouble(10.777d);
			
			//boolean型書き込み
			dos.writeBoolean(true);
			
			//char型書き込み
			dos.writeChar('あ');

			//ストリームをフラッシュ
			dos.flush();
			
		} catch (Exception e){
			e.printStackTrace();

		} finally {

			try {
				//出力ストリームを閉じる
				dos.close();
			} catch (IOException e) {
				e.printStackTrace();
			}

		}
	}
}
DataOutputStreamのインスタンス生成は、
	//インスタンス生成
	dos = new DataOutputStream(bo);
のようにBufferedOutputStreamのインスタンスをコンストラクタの引数に指定します。

では、次に書き込み部分のコードです。
	//int型書き込み
	dos.writeInt(100);
			
	//double型書き込み
	dos.writeDouble(10.777d);
			
	//boolean型書き込み
	dos.writeBoolean(true);
			
	//char型書き込み
	dos.writeChar('あ');
上記のように「writeIntメソッド」や「writeDoubleメソッド」などのように型ごとにwrite~というようなメソッドが用意されていますので、書き込むデータ型に応じてメソッドを使い分けて書き込んで行きます。

その後のflushメソッドやcloseメソッドは先ほどと同じように実行します。

このようにJavaで扱うデータ型のバイナリデータもDataOutputStreamを使えばファイルに書き込むことが出来ます。


>> 【バイナリデータ読み込み FileInputStream,BufferedInputStream,DataInputStream】に進む
>> Java入門トップに戻る
●更新履歴
2016/08/16 Java入門ページにページを幾つか追加
2016/04/08 Java入門ページ作成
2016/03/09 メニューレイアウト変更。ブラウザキャッシュのクリアをお願い致します。
2016/03/09 PDOトランザクション、自動コミットモードをオフ追加
2016/03/09 PDO 例外処理 try catch追加
2016/03/09 PDO update文実行追加
2016/03/09 PDO delete文実行追加
2016/03/09 PDO insert文実行追加
2016/03/09 PDO selectでデータを取得、fetchAll、queryメソッド追加
2016/03/09 PDO bindValueとbindParamの違い追加
2016/03/09 PDO prepare プリペアドステートメントの使い方追加
2016/03/04 ソースコードをクリップボードにコピーする機能を追加
2016/03/04 C言語、C++のページのソースコードを一部修正
2014/01/31 C言語関数一覧ページに11ページほど追加
2014/01/31 C言語関数一覧ページに30ページほど追加
2014/01/30 C言語関数一覧ページ作成中
2013/07/01 レイアウト変更に伴いブラウザキャッシュのクリアをお願いします。
2013/07/01 MySQL入門ページ作成
2013/07/01 PHP入門ページにSQLite学習項目追加
2013/06/25 ドメイン変更、レイアウトを一部変更
2013/03/14 レイアウトを一部変更
2012/08/13 C言語よくある課題・宿題ページ開設!
2012/08/13 シューティングゲーム作成第33章追加!
2012/08/11 ドメイン変更&サーバ移設完了
2012/04/21 シューティングゲームプログラミング第2,3章の内容を修正
2012/04/19 シューティングゲームプログラミング第2章の内容を修正
2012/04/03 Googleカスタム検索を設置!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第32章追加!
2012/04/03 シューティングゲームプログラミング第31章追加!
2012/03/31 サイトをリニューアルしました!
2012/03/25 シューティングゲームプログラミング第30章追加!
2012/03/19 シューティングゲームプログラミング第29章追加!
2012/03/16 シューティングゲームプログラミング第28章追加!
2012/02/27 シューティングゲームプログラミング第27章追加!
2012/02/03 シューティングゲームプログラミング第26章追加!
2012/01/31 シューティングゲームプログラミング第25章追加!
2012/01/20 シューティングゲームプログラミング第23,24章追加!
2012/01/11 シューティングゲームプログラミング第22章追加!
2012/01/05 トップページ、ゲームプログラミング関連のトップページのデザインを変更
2012/01/04 シューティングゲームプログラミング第21章追加!
2012/01/01 シューティングゲームプログラミング第20章追加!
2011/12/25 シューティングゲームプログラミング第19章追加!
2011/12/22 シューティングゲームプログラミング第18章追加!
2011/12/18 シューティングゲームプログラミング第17章追加!
2011/12/17 シューティングゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 ゲームプログラミングページOPEN!
2011/11/21 サイトデザインを大幅に変更
2011/11/17 TOPページのデザインを変更。相互リンクページに、複数サイト追加。
2011/11/06 WINAPI学習ページ(33~36章)追加
2011/11/05 WINAPI学習ページ(20~32章)追加
2011/10/27 WINAPI学習ページ(14~19章)追加
2011/10/21 WINAPI学習ページ(13章)追加
2011/10/21 サイトマップ、連絡ページ追加
2011/10/17 WINAPI学習ページ(6~11章)追加
2011/10/16 WINAPI学習ページ(1~5章)追加
2011/10/13 全体のレイアウト変更
2011/10/07 PHP学習ページ(8~11章)追加
2011/10/06 PHP学習ページ(1~7章)作成
2011/10/06 JavaScriptリファレンスページ作成
2011/10/05 C言語学習ページ発展編(10~14章)追加
2011/10/04 C言語学習ページ発展編(1~9章)追加。
2011/10/03 HTML/CSSリファレンスのページ追加。(個々の詳細ページは作成中)
2011/09/30 HTML学習ページ(8章)追加
2011/09/29 JavaScript学習ページ(12~17章)追加
2011/09/28 JavaScript学習ページ(1~11章)追加
2011/09/27 HTML学習ページ(4~7章)追加
2011/09/26 C言語学習ページ(27章)追加、C++学習ページ(17章)、HTML学習ページ(1~3章)追加
2011/09/25 C言語学習ページ(23~26章)を追加
2011/09/24 C++学習ページ(9~16章)追加
2011/09/23 C++学習ページ(3~8章)追加
2011/09/22 C言語の学習ページ(22章)とC++学習ページ(1~2章)追加
2011/09/21 C言語の学習ページ(15章~21章)を追加
2011/09/20 C言語の学習ページ(10章~14章)を追加
2011/09/19 サイト作成(随時更新予定)